« かすみがうらマラソン参加レポート その1 | トップページ | 野菜スープ »

2010年4月21日 (水)

大雪の2003年富士五湖ウルトラマラソン

富士五湖ウルトラマラソンは今年で9回目のエントリーになります。2002年にはじめて参加して毎年エントリーしています。

一番印象に残っているのが、2003年の大雪《><》℃↓、会場に3時ごろ到着したのですが、その少し前から雪が降り始め、みるみる積もっていきます。

ノーマルタイヤだし、チェーンも積んでないし、帰りは大丈夫か少し心配でしたが、そのころには溶けているだろうと117kmの部のスタートラインへ。

5km地点までは積雪に注意するようアナウンスがありましたので、その先は雪もなくなっているだろうとひと安心して、スタート。

でも雪は降り止むどころか、ますます積もってきます。

高速道路の温度表示は0℃《><》℃↓、後にも先にも雪の上を走ったのはこの時だけです。

灰色の空、降り続く雪、積雪、気温0度、それでもランナーは走り続けます。ランナーとは不思議な人種ですσ(^o^)?。

積雪はすでに20cm以上になっているのではないでしょうか。

35kmのエイドでたき火をしてましたので、少し温まっていくことに。でもこれが失敗、折角走って温まっていた体をかえって冷やすことになりました。

たき火は表面は暖かくなりますが、体の芯は温めてくれません。

走りだすと体がガタガタ振るえてきます。ペースも上がらないので、体が温まってきません。

45kmのエイドで大会中止の知らせを受け、ほんとこのときはホッとしました。

その先の49km地点のエイドでレース終了。バスを待つ間も体の震えが止まりません。

手の甲も軽い凍傷なのか、ピリピリ痺れています。このしびれ医者に行きましたが、半年消えませんでした。

後はノーマルタイヤ+チェーンなしでどうやって帰るか.....、ひとまず大会の送迎バスでホテルへ。たまたま知り合いが同じホテルでしたので、翌日駐車場まで送ってもらいました(翌日は前日が大雪だったとは思えないくらいの晴天)。

駐車場では業者が雪かきをしていました。知り合いが頼んでくれて、いちろうくんの車が出られるよう雪かきしてもらいました<m(^_^)m>。

道路はほとんど雪も溶けていて、無事伊勢崎に帰ってこれました。そういえばレース中はどうやって帰ろうかばかり考えてました。

117kmの部に2回出場しましたが、このときは大会中止で自動的に完走したことに。翌年もう一度117kmのエントリーしましたが、80kmでリタイア...┌(´_`)┐。

また機会があれば、112km(現在は117kmではなく112kmになっています)に挑戦したいと思います。

« かすみがうらマラソン参加レポート その1 | トップページ | 野菜スープ »

大会、イベント参加レポート」カテゴリの記事