« なんとか完走 | トップページ | 筋肉痛 »

2013年5月20日 (月)

野辺山ウルトラマラソン

非常にアップダウンの激しい厳しいコースでした。
1

前半から15kmにわたって続く上り坂、標高差550m、加えて未舗装路、その後5km以上続く下り坂、ボディーブローのように足に疲労がたまってきます。

短いながら時々現れる激坂、平坦なところは記憶にありません。

63km地点のエイド、ここから後半最大のポイント馬越峠(標高差600m)の登りが始まります。

「これから登りですね」と一人の参加者に声をかけると「制限時間ぎりぎりですね」とのお返事、残り5時間近くもあるのに(・0・)?。

自分では余裕があると思っていたのですが、何せ初めてのコース、少し不安....。

峠越えにかなり時間を要するも少し頑張って、峠を下りた80km地点で残り約3時間、できるだけ残り時間に余裕を残そうと、エイドもあまり長居せず、90km通過時点での残り1時間50分。

これで一安心と思ったら、90km以降延々と続く上り坂、90~95kmの所要時間53分、残り57分、足はほとんど限界状態、気を緩めるとふらふら歩いてしまいます。

その後も続く上り坂、いったいどこまで続くねん!!!。

残り5kmも50分近くかかってやっとのことでゴール、すでに完走に感動するスタミナもありませんでした。

雨が降っていたらたぶん完走できなかっただろう、野辺山初挑戦でした。

タイムは13時間50分15秒でした。

« なんとか完走 | トップページ | 筋肉痛 »

大会、イベント参加レポート」カテゴリの記事